冬至粥(とうじがゆ)仲冬

【子季語】
赤豆の粥、赤柏、冬至蒟蒻、冬至酒
【解説】
冬至の日に食べる小豆粥のこと。冬至の日に柚子湯に入ったり、粥や南瓜を食べると病気にならないという言い伝えがある。

*

ならざけはあからがしはの祝ひかな
季吟「山の井」

利にうときすね人酔へり冬至酒
暁台「暁台句集」

コメントは受け付けていません。