寒見舞(かんみまい、かんみまひ)晩冬

【子季語】
寒中見舞
【解説】
寒中に安否を気遣って手紙を出したり、直接訪ねたりすること。暑中見舞いほど一般的ではない。

コメントは受け付けていません。