濁り酒(にごりざけ)仲秋

nigorizake【子季語】
どぶろく、どびろく、だくしゅ、醪、諸味、諸醪、中汲
【解説】
もろみを漉していない白濁した酒。清酒よりも味が濃厚で野趣にあふれている。

*

山里や杉の葉釣りてにごり酒
一茶「九番日記」

交りをかへまじく濁酒酌みにけり
河東碧梧桐「碧梧桐句集」

コメントは受け付けていません。