手袋(てぶくろ)三冬

【子季語】
手套、革手袋、手覆
【解説】
手や指を寒さから守るためのもの。毛糸や皮などが一般的。

*

手袋の左許りになりにける
正岡子規「新俳句」

手袋をぬぐ手ながむる逢瀬かな
日野草城「青芝」

大いなる寝手袋して寝まりけり
竹下しづの女「続ホトトギス」

舵取がはける巨人の手覆かな
高田蝶衣「新春夏秋冬」

コメントは受け付けていません。