芋茎(ずいき)仲秋


【子季語】
芋殻、芋の茎、芋茎干す
【解説】
里芋の茎のこと。甘酸っぱく煮たり、酢味噌で和えたりする。乾燥して保存食にもする。

*

根は月に枯れてその芋がらや雪の飯
芭蕉「真蹟短冊」

牛の子に二株付けし芋茎哉
一笑「西の雲」

芋茎さく門賑はしや人の妻
太祇「太祇句選」

取跡や淋しく見えしずいき畑
如柳「卯辰集」

コメントは受け付けていません。