藪虱(やぶじらみ)三秋

yabujirami【子季語】
草虱、窃衣、藪人参
【解説】
山野の湿地に自生するセリ科の越年草。茎は直立して枝分かれする。丈は、三十センチから八十センチくらい。葉は羽状複葉で細かく分裂する。五月から七月にかけて複散形花序を七八本出し、白い五弁の花を咲かせる。花のあとの果実は、褐色で卵形の楕円形。毛が密生してものにくっつきやすい。
【科学的見解】
藪虱(ヤブジラミ)は、日本全土に自生する越年草で、南アジアや北アメリカに帰化している。種子には、剛刺毛が密につき、動物散布を行っている。近縁種としては、オヤブジラミが知られており、ヤブジラミとは花柄の数や羽状複葉の分岐の回数が異なる。(藤吉正明記)

草じらみうしろ鏡のもすそにも
鈴木花蓑「鈴木花蓑句集」

コメントは受け付けていません。