蛍袋(ほたるぶくろ)仲夏

【子季語】
釣鐘草、提灯花、風鈴草
【解説】
山野に見られるキキョウ科の多年草。北海道西南部から九州に分布する。花の中に蛍を入れて遊んだとか、花の形を提灯に見立てたなど諸説がある。花は六、七月ごろに咲き、白色と淡紅紫色があり、濃い紫色の斑点がある。

*

釣鐘草後につけたる名なるべし
越人「あらの」

蟻のより釣鐘草のうつぶせに
白雄「白雄句集」

コメントは受け付けていません。