桜の実(さくらのみ)仲夏

【子季語】
実桜、桜実となる
【解説】
桜は花が散ると青い小さな実を結ぶ。梅雨の頃、実が熟れて赤黒くなる。すっぱくて渋くて、うまくはない。吉野山が桜の山になったのは、鳥たちが山桜の種を糞とともに谷間に撒き散らしたから。サクランボ(桜桃)は西洋実桜の果実。

*

実ざくらやなほ頼もしき吉野山
蓼太「蓼太句集」

実ざくらや死にのこりたる庵の主
蕪村「蕪村句集」

来て見れば夕べの桜実となりぬ
蕪村「蕪村句集」

実桜やいにしへきけば白拍子
麦水「葛箒」

陵(みささぎ)の色どり淋し桜の実
麦水「葛箒」

あらしふけ地主の桜の実や落ちん
教貢「幣ふくろ」

夕桜城の石崖裾濃なる
中村草田男「長子」

コメントは受け付けていません。