蓮の葉(はすのは)晩夏

hasunoha【子季語】
蓮の巻葉、蓮青葉
【解説】
夏の初め、柄を伸ばして水面に浮かんでいるのが「蓮の浮葉」。これに対し、成長し水面を抜き出し巻葉となり、やがて直径六十センチもの葉となって空中に広がるのが「蓮の葉」である。

*

笙涼し遥かに蓮の葉分船
蓼太「蓼太句集三稿」

あしらひて巻葉添へけり瓶の蓮
太祗「太祗句選」

コメントは受け付けていません。