雪割草(ゆきわりそう、ゆきわりさう)初春

yukiwari
【子季語】
三角草、州浜草、洲浜細辛、洲浜菊
【解説】
キンポウゲ科の多年草。本州から四国の早春の低山地で、雪解けを待って茎の先端に、白や淡紅、紅紫、青紫の花を一つつける。葉の形が婚礼の儀式などに用いられる洲浜台、また浜辺の洲浜のようであることから洲浜草とも呼ばれる。

コメントは受け付けていません。