石楠花(しゃくなげ)初夏

syakunage【子季語】
石南花、しゃくなぎ、せきなん
【解説】
ツツジ科の常緑低木。原産地は北半球。茎の先端に優雅で柔らかな花をつける。ヒマラヤから中国南部の高山地帯で多種が分布し、たくましい生命力にあふれている。花の色は、赤、ピンク、オレンジ、紫、青、黄など。

コメントは受け付けていません。