夾竹桃(きょうちくとう、けふちくたう)仲夏

kyoutikutou
【解説】
原産地がインドの常緑の潅木。乾燥に強い為、街路樹や工場地帯の緑化にも使われる。花は白や桃色の濃淡で、一重と八重咲きがある。

コメントは受け付けていません。