冬の虫(ふゆのむし)三冬

【子季語】
虫老ゆ、虫嗄る、虫絶ゆ
【解説】
秋美しい声で鳴いていたこおろぎなども寒くなると、短く弱々しく縁の下などで鳴いている。絶えゆく前の声はあわれを誘う。

コメントは受け付けていません。