牡丹焚火(ぼたんたきび)初冬

【子季語】
牡丹焚く、牡丹供養、牡丹粗朶
【解説】
花の終った牡丹の枯れ枝を持ち寄って、感謝と供養のために焚くこと。福島県須賀川市の牡丹園では、牡丹の古木に赤松を混ぜて焚く。環境省の「かおり風景100選」にも入っている。奈良県の長谷寺も有名。

コメントは受け付けていません。