鹿の角切(しかのつのきり)晩秋

【子季語】
角伐、鹿寄せ、鹿釣り
【解説】
奈良の春日大社の神鹿の角を切る行事。十月頃牡鹿は交尾期に入り、気性が荒くなる。観光客に危害を加えたり、樹木を荒らしたりするので角を切る。柵に鹿を追い込み、勢子が追いかけて捕らえ、神官が鋸で挽く。

*

角ぎりや礎のこす鹿の京
鬼貫「奈良ふくろ角」
恋すてふ角切られけり奈良の鹿
一茶「九番日記」

コメントは受け付けていません。