螻蛄鳴く(けらなく)三秋

【子季語】
おけら鳴く
【解説】
螻蛄は体長三十ミリぐらいの茶褐色の昆虫。田畑の土中に穴を掘って棲み、雄がジーと低い音で鳴く。秋の夜の淋しさがつのる。昔の人がその声を蚯蚓と誤り、「蚯蚓鳴く」の季語が生まれた。実は螻蛄が鳴いていたのだ。

*

夜のおけら耳朶を聾するばかりなり
原石鼎「花影」

コメントは受け付けていません。