冬隣(ふゆとなり)晩秋

【子季語】
冬隣る、冬を隣る、冬近し、冬を待つ
【解説】
立冬を目前にして、冬がすぐそこまで来ていることを表す。四季それぞれに、「隣」の一字をつけて季題とした。「冬隣」は寒く厳しい季節に向って心構える感じがある。

*

冬ちかし時雨の雲もここよりぞ
蕪村「蕪村句集」

物いはば雲はしぐれん冬近し
樗良「題林集」

ちんまりと山里成りぬ冬隣
寥松「発句題叢」

冬を待つ便りにもなる柱かな
恒丸「発句題叢」

冬待つや寂然として四畳半
正岡子規「子規句集」

鶏頭伐れば卒然として冬近し
島村元「島村元句集」

あかあかと?のいのち冬隣
長谷川櫂「天球」

コメントは受け付けていません。