温め酒(ぬくめざけ)晩秋

nukumezake【子季語】
あたため酒
【解説】
陰暦九月九日の重陽の日、酒を温めて飲むと病気にかからないといわれた。このころは寒さもつのってくる。酒を温めて飲むのにもよいころである。

あたためる酒間遠しく又楽し
嘯山「葎亭句集」

ぬくもりのあるかなきかに温め酒
長谷川櫂「初雁」

コメントは受け付けていません。