臭木の花(くさぎのはな)初秋

kusaginohana【子季語】
常山木の花、臭桐
【解説】
クマツヅラ科の落葉樹。山野に自生する。葉に悪臭があるのでこの名がついた。初秋に枝の先に白色の花が群がり咲く。目立たない木だが花は印象的。

コメントは受け付けていません。