暮の秋(くれのあき)晩秋

【子季語】
暮秋、秋暮る、秋暮れて
【解説】
秋も終わり近い頃をいう。秋の夕暮ではない。「晩秋」より心理的な要素を含む。「暮の秋」「行く秋」「秋深し」の順に秋を惜しむ気持ちが濃くなる。

*

髭風を吹いて暮秋歎ずるは誰が子ぞ
芭蕉「虚栗」

松風や軒をめぐつて秋暮れぬ
芭蕉「笈日記」

暮れてゆく秋や三つ葉の萩の色
凡兆「三河小町」

塵塚に蕣さきぬ暮のあき
太祇「太祇句選」

跡かくす師の行方や暮の秋
蕪村「蕪村句集」

枯れてたつ草のはつかや暮の秋
召波「春泥句集」

勾当の身を泣く宿や暮の秋
几董「晋明集二稿」

病妻の閨に灯ともし暮るる秋
夏目漱石「漱石全集」

コメントは受け付けていません。