熟柿(じゅくし)晩秋

jukusi【子季語】
うみ柿
【解説】
紅く熟した柿。渋柿をさわして熟柿にして食べる場合もある。果肉はゼリー状になり、甘味が強い。

*

木伝うて穴熊出づる熟柿かな
丈草「菊の香」

寂しさの嵯峨より出たる熟柿かな
支考「梟日記」

歯にしみて秋のとどまる熟柿かな
蓼太「蓼太句集三稿」

日あたりや熟柿の如き心地あり
夏目漱石「漱石全集」

日がさして熟柿の中の種みゆる
長谷川櫂「果実」

コメントは受け付けていません。