春の山(はるのやま) 三春

【子季語】
春山、春嶺、春の富士
【関連季語】
山笑ふ
【解説】
春の山は動植物の生気に満ちている。暖かな日の光を浴びて草木は芽吹、鳥獣は恋に余念がない。
【来歴】
『俳諧線車大成』(寛政11年、1799年)に所出。
【文学での言及】
水鳥の鴨の羽色の春山のおほつかなくも思ほゆるかも 笠郎女『万葉集』

*

日くるゝに雉子うつ春の山辺かな
蕪村 「蕪村句集」

寝ころぶや手まり程でも春の山
一茶 「九番日記」

はるの山に取りまかれてぞ佳れける
乙二 「をのゝゑ草稿」

頂きも餘さぬ畑や春の山
白芽 「懸葵」

春山や家根ふきかふる御社
村上鬼城 (ホトトギス)

淋しさや春山を描き雲を添ふ
前田普羅 「定本普羅句集」

春山にかの襞は斯くありしかな
中村草田男「長子」

絵巻もの拡げゆく如春の山
星野立子「笹目」

ふるさとは坂八方に春の嶺
飯田龍太「山の木」

 

 

コメントは受け付けていません。