錦木(にしきぎ)晩秋

nisikiggi【子季語】
鬼箭木、錦木紅葉、錦木の実
【解説】
ニシキギ科の落葉低木。紅葉が見事で、赤い実が鮮やかなので秋の季語となる。庭木や生垣に植えられ、端山などにも自生する。枝にコルク質の翼が出ている。
【科学的見解】
錦木(ニシキギ)は、北海道から九州の山地にふつうに自生する落葉低木である。枝にコルク質の翼が出来るのが特徴であり、翼ができない種はコマユミと呼ばれている。晩秋、葉中の緑色の成分であるクロロフィルが分解されると葉中には赤色色素であるアントシアニンが多くなり紅葉となる。(藤吉正明記)

錦木は朽ちてうらみの蛍かな
二柳「田のほとり」

コメントは受け付けていません。