初音売(はつねうり)新年

【子季語】
初音笛
【解説】
元日に竹で作った鶯笛という玩具の笛を吹きながら、売り歩くこと。いかにも春の訪れを思わせる風物。

*
水谺深き夜明けの初音売
臼田亜浪 「黎明」

コメントは受け付けていません。