繭玉(まゆだま)新年

mayudama
【子季語】
繭団子、団子花、繭餅、繭玉祝ふ
【解説】
繭の豊収を祈願して作る。ミズキ、柳、榎などの枝に繭の形に作った餅、団子を多数つけたもので、繭団子、繭餅、柳餅などともいう。これを小正月に柱などに括りて飾る。十六日から十九日におろし雑煮や小豆と煮て食す。

*
繭玉を祭捨てたる貧家かな
抱一 「屠龍之技」

まゆ玉や白ちりめんの肌障り
一音 「千題集」

繭玉のみな楽しげに回りつつ
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。