猿廻し(さるまわし、さるまはし )新年

【子季語】
猿曳、猿引、猿舞師、狙公、狙翁、舞猿、大夫猿
【解説】
新年、猿を背負って家々を訪いながら、太鼓を打ちつつ猿を廻して厄払いをした。猿は厩の安全のまじないとされ、厩の戸口に猿が牛馬を曳いて歩く絵を張る風習もあった。 

*
年々や猿に着せたる猿の面
芭蕉 「薦獅子集」

猿引の村へ来たるよ呼子鳥 
召波 「春泥発句集」

舞ひ猿の人を見る眼ぞいとけなき
臼田亜浪 「定本亜浪句集」

コメントは受け付けていません。