春の水(はるのみず、はるのみづ)  三春

【子季語】
春水、水の春
【関連季語】
水温む、春の川
【解説】
春の水というと温かくなめらかな印象がある。春になると、雪解けの水や雨で、川や池などの水かさが増す。水面は光り輝き、水音も高くなる。万物の命をはぐくむ水でもある。淡水に言い、海水には使わない。
【来歴】
『俳諧栞草』(嘉永4年、1851年)に所出。
【文学での言及】

*

きのふけふ音ぞきこゆる春の水
杉風 「杉風句集」

春の水山なき国を流れけり
蕪村 「俳諧新選」

橋なくて日暮れんとする春の水
蕪村 「蕪村句集」

春水や四条五条の橋の下
蕪村 「蕪村句集」

足よはのわたりて濁るはるの水
蕪村 「蕪村句集」

春の水背戸に田作らんとぞ思ふ
蕪村 「蕪村句集」

春の水にうたゝ鵜繩の稽古哉
蕪村 「蕪村句集」

蛇を追ふ鱒のおもひや春の水
蕪村 「蕪村句集」

家形に月のさしけり春の水
一茶 「旅日記」

下総の国の低さよ春の水 
正岡子規 「子規句集」

春水や草をひたして一二寸
夏目漱石 「漱石全集」 

一桶の春水流す魚の棚
渡辺水巴 「続春夏秋冬」

昃(ひかげ)れば春水の心あともどり
星野立子「立子句集」

春の水とは濡れてゐるみづのこと
長谷川櫂 「古志」

コメントは受け付けていません。