初茶湯(はつちゃのゆ)新年

【子季語】
初釜、釜始、茶湯始、点初、初手前
【解説】
新年の初めての茶の湯。初めてかける釜を初釜という。干支に因んだものを組み込み、床には蓬莱飾り等正月らしい華やかなものが取り合わされる。

*
とくとくの水招かば来ませ初茶湯
素堂 「とくとくの句合」

袖摺のかざり松あり初茶湯
天府 「新雑談集」

我を客にわれに礼ありはつ茶湯
素堂 「素堂家集」

コメントは受け付けていません。