仏の座(ほとけのざ)新年

【子季語】
田平子、かわらけ草
【解説】
春の七草のひとつ。野原や田畑に自生する。葉が仏の蓮華座に似ていることからこの名がついた。
【科学的見解】
春の七草の中で取り上げられている仏の座は、標準和名としてコオニタビラコと呼ばれている。コオニタビラコは、本州から九州で見られ、冬期の根出葉はロゼット状(放射状に地を這う形)の形態となっている。水田に多い越年草である。(藤吉正明記)

野寺あれて跡にやはゆる仏の座
貞徳 「崑山集」

水仙の堤たづねむ仏の座
尚白 「孤松」

七草や何をちなみに仏の座
路通 「元禄百人一句」

つむけふも我は蒲団を仏の座
也有 「蟻つか」

コメントは受け付けていません。