瓜の花(うりのはな)初夏

urinohana【子季語】
瓜類の花
【解説】
ウリ類の花の総称であるが、本来は甜瓜「まくわうり」の花をさす。夏に咲く。花は黄色が多く五裂する。

*
瓜の花雫いかなる忘れ草
芭蕉 「類柑子」

夕べにも朝にもつかず瓜の花
芭蕉 「佐郎山」

美濃を出て知る人まれや瓜の花
支考 「梟日記」

仇花のなおなつかしや瓜のはな
青蘿 「青蘿発句集」

雷に小屋は焼かれて瓜の花 
蕪村 「蕪村句集」

あだ花は雨にうたれて瓜ばたけ
蕪村 「蕪村句集」

蝶を追ふ虻の力や瓜の花
正岡子規 「子規句集」

存へてこの世うるはし瓜の花
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。