萩若葉(はぎわかば )

初夏
【子季語】
萩の若葉、若萩、青萩
【解説】
春に萌え出た萩の芽が新葉になること。他の木々の若葉にくらべて柔らかで、はじめは葉が二つに折れている。色合いがことにみずみずしい。

*
萩若葉陋居にあまる風も来る
五百木飄亭 「飄亭句日記」

高台寺鶯に萩の若葉かな
岡本癖三酔 「癖三酔句集」

コメントは受け付けていません。