土用鰻(どよううなぎ)晩夏

doyouunagi
【子季語】
土用丑の日の鰻、鰻の日
【解説】
夏の土用の丑の日に食べる鰻のこと。鰻は栄養価が高く、万葉の昔から夏負けによいとされてきた。関東では背開き、関西では腹開きにして、白焼きや蒲焼にする。

*
雨気絶ゆれば土用鰻も捕れずとふ
大須賀乙字 「乙字句集」

コメントは受け付けていません。