滝浴(たきあび)晩夏

【子季語】
瀑浴、滝垢離、滝行者
【解説】
暑中に涼を求めて滝に打たれること。修行のための滝浴は季節に関係なく行われるが、滝垢離・滝行者も含めて夏の季語としている。

*
滝浴びのひたに唱ふる声来る
日野草城 「青芝」

コメントは受け付けていません。