水中眼鏡(すいちゅうめがね)三夏

【子季語】
水眼鏡
【解説】
水中で目をあけるために用いる眼鏡。ゴムの縁取りがあって水が入らない構造になっている。これを使って魚を突き採ったり、貝などを採取したりする。競泳用にも用いられる。

コメントは受け付けていません。