時の記念日(ときのきねんび )仲夏

【子季語】
時の日
【解説】
六月十日。一九二〇年にはじまる。六七一年、天智天皇のとき、漏刻(水時計)を設置して時刻制度を定めた日が四月二五日(太陽暦六月十日)であったいわれに基づく。

コメントは受け付けていません。