春の川(はるのかわ、はるのかは)  三春

【子季語】
春川、春江、春の江
【解説】
春雨や雪解け水を湛えて流れる川である。川辺では蕗の薹や猫柳が芽を吹き、川に棲む生きものは活発に動き出す。
【来歴】
『改正月令博物筌』(文化5年、1808年)に所出。

*

さまざまのもの流れけり春の川
二柳 「几董 初懐紙」

江は春のみどりの中を朧舟
二柳 「津守舟初編」

春の川を隔てて男女かな
夏目漱石 「漱石全集」

山の日のきらきら落ちぬ春の川
村上鬼城  「鬼城句集」

コメントは受け付けていません。