草蜉蝣(くさかげろう、くさかげろふ)晩夏

kusakagerou【子季語】
臭蜉蝣
【解説】
アミカゲロウ目クサカゲロウ科の昆虫の総称、またはその一種。形は小さいトンボのようで弱々しく緑色。体長約一センチ。翅は光沢があり透明。目がきらきら光っている。この卵は優曇華とよばれることもある。

コメントは受け付けていません。