夏の川(なつのかわ、なつのかは)三夏

natunokawa【子季語】
夏川、夏河原
【解説】
夏の河川のことである。梅雨どきの濁流あふれんばかりの川、盛夏の水量乏しい川、山峡の清流、子供たちが水遊びにふける川など、時と場合によってさまざまな情景が見られる。

*
夏河を越すうれしさよ手に草履
蕪村 「蕪村句集」

夏川や水の中なる立咄し
正岡子規 「子規句集」

夏川や吾れ君を負ふて渡るべし
正岡子規 「子規句集」

夏川のあなたに友を訪ふ日哉
正岡子規 「子規句集」

夏川や小橋たわわに水を打つ
正岡子規 「獺祭句帖抄」

馬に乗つて河童遊ぶや夏の川
村上鬼城 「定本鬼城句集」

よべのまゝ夜明けし窓や夏の川
原石鼎 「原石鼎全句集」

夏川や一つ瀬やがて二た流れ
原石鼎 「原石鼎全句集」

コメントは受け付けていません。