誘蛾灯(ゆうがとう、いうがとう)晩夏

【解説】
田畑や庭園などに設け、夜に点灯して蛾などの昆虫を集め捕殺する装置。殺虫剤の発達により、現在では発生予防用と果樹園害虫防除、夜間営業の店などのほかは、ほとんど使用されなくなった。

コメントは受け付けていません。