春の海(はるのうみ) 三春

harunoumi【子季語】
春の浜、春の渚、春の磯、春の沖
【解説】
蕪村が「春の海ひねもすのたりのたりかな」と詠んだように穏やかな海である。砂浜で桜貝を拾ったり、潮干狩りを楽しむ海である。
【来歴】
『改正月令博物筌』(文化5年、1808年)に所出。

*

春の海ひねもすのたりのたりかな
蕪村 「古選」

帆柱に帆のもたれけり春の海
蓼太 「蓼太句集二篇」

はるの海月なき宵も朧なる
白雄 「春秋稿二篇」

はるの海真中にありて目覚めたり
暁台 「暮雨巷句集」

はるの海遊びわすれて啼く烏
青蘿 「青羅発句集」

コメントは受け付けていません。