甘藍(かんらん)初夏

【子季語】
キャベツ、玉菜
【解説】
ヨーロッパ原産のアブラナ科の一~二年生の葉菜。キャベツのこと。明治になって普及し現在では全国で栽培される。葉は幅広く緑色で無毛。中心部の葉はぎっしりと重なって球状をなす。生食、煮食また漬物など重宝に用いられる野菜。

*

親雀キャベツの虫を喰へ飛ぶ
杉田久女 「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。