夏の雲(なつのくも)三夏

kumonomine【子季語】
夏雲
【解説】
夏空の雲。代表的なものとして積雲と積乱雲がある。青空に大きく湧く純白の雲は、圧倒的な生命力を感じさせる。

*

山寺や軒の下行く五月雲
闌更 「半化坊発句集」

漸有つて又登りけり五月雲
闌更 「半化坊発句集」

夏の雲朝からだるう見えにけり
一茶 「題葉集」

幼どきかへりしごとし夏の雲
原石鼎 「原石鼎全句集」

あとしざりつゝすゝみ居り夏の雲
原石鼎 「原石鼎全句集」

昼も夜も真空に白し夏の雲
原石鼎 「原石鼎全句集」

コメントは受け付けていません。