袋掛(ふくろかけ)三夏

hukurogake【子季語】
果物の袋掛
【解説】
夏に実った果実を、害虫や鳥から守る為に、紙で作った袋をかぶせること。枇杷、桃、梨、林檎、葡萄などに行う。

よろこびて囃す雀や袋掛
石田波郷「酒中花」

コメントは受け付けていません。