三伏(さんぷく)晩夏

【子季語】
初伏、中伏、末伏
【解説】
陰陽五行説に基づく選日のひとつ。夏至の後、第三の庚の日を初伏、第四の庚の日を中伏、立秋後の第一の庚の日を末伏といい、それを総称して三伏という。七月中旬から八月上旬の酷暑の頃である。

*

九夏さんふく風きかぬ暑さ哉
正成 「崑山集」

三伏の日に酒のみの額かな
淡々 「淡々句集」

三伏の闇はるかより露のこゑ
飯田龍太 「山の木」

コメントは受け付けていません。