春潮(しゅんちょう、しゆんてう) 三春

【子季語】
春の潮
【関連季語】
春の海
【解説】
春になると潮の色も明るくなる。干満の差も激しくなる。ゆたかに押し寄せては、大きな干潟を残して引いてゆく。鮮やかな潮の色と共に、生き生きとした潮音も印象深い。

*

暁や北斗を浸す春の潮 
松瀬青々 「妻木」

ひたひたと春の潮打つ鳥居哉 
河東碧梧桐 「新俳句」

春潮に流るる藻あり矢の如く
杉田久女 「杉田久女句集」

春潮の彼処に怒り此処に笑む    
松本たかし 「鷹」

コメントは受け付けていません。