梅雨寒(つゆさむ)仲夏

【子季語】
梅雨寒し、梅雨冷
【解説】
雨が降り続く梅雨のころの冷えをいう。往時の田植えの頃でもあり、農家の人は寒いので布子を着ることもあった。

*

梅雨寒や尼の肋骨数うべう
前田普羅 「新訂普羅句集」

梅雨寒の昼風呂ながき夫人かな
日野草城 「花氷」

コメントは受け付けていません。