春泥(しゅんでい) 三春

【子季語】
春の泥
【解説】
春のぬかるみをいう。春は、凍解や雪解、雨などで泥水が乾ききらずに、泥濘が至るところにみられる。

*

春泥やみち行く人を蔀より
原石鼎 「花影」

春泥をゆく声のして茜さす
臼田亜浪 「定本西浪句集」

寺子屋に傘多し春の泥
松瀬青々 「妻木」

春泥に子等のちんぽこならびけり
川端茅舍 「川端茅舍句集」

春泥の固まりかけや大八洲
長谷川櫂 「富士」

コメントは受け付けていません。