雪間(ゆきま) 仲春

【子季語】
雪のひま、雪の絶間
【関連季語】
雪解
【解説】
春、雪が溶けて地肌があらわになったところをいう。黒々とした土から蕗の薹や芹などが芽を出す。
【来歴】
『俳諧御傘』(慶安4年、1651年)に所出。
【文学での言及】
春日野の雪間を分けて生ひ出でくる草のはつかに見えし君かも 壬生忠岺『古今集』

*

山は猫ねぶりていくや雪のひま
芭蕉 「五十四郡」

やまどりの樵を化す雪間かな
支考 「有磯海」

馬の尾を結びあげたる雪間かな
暁台 「暁台句集」

古庭の雪間を走る鼬かな
正岡子規 「子規句集」

淡海といふ大いなる雪間あり
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。