雪解(ゆきどけ) 仲春

【子季語】
雪解水、雪解川、雪解風、雪解雫、雪解野
【関連季語】
雪しろ
【解説】
春になって雪が解けること。春の日差しや春の雨も雪を解かすが、北風にかわって吹く東からの風は雪解をさらにうながす。
【来歴】
『増山の井』(寛文7年、1667年)に所出。
【文学での言及】
君がため山田の沢に恵具つむと雪解の水に裳の裾濡れぬ よみ人知らず『万葉集』

*

雪どけの音聞て居る朝寝哉
几董 「晋明集二稿」

白雲や雪解の沢へうつる空
太祇 「太祇句選後篇」

雪どけや深山ぐもりを啼からす
暁台 「骨書」

雪解や妹が炬燵に足袋かたし
蕪村 「蕪村遺稿」

雪とけてみどりの色や圃土
青蘿 「青蘿発句集」

雪とけて村一ぱいの子ども哉
一茶 「七番日記」

雪解けや竹はね返る日の表
正岡子規 「子規句集」

雪解川名山けづる響かな
前田普羅  「普羅句集」

目ひらけば母胎はみどり雪解谿
加藤楸邨「望岳」

村ぢゆうの畦あらはるる雪解かな
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。