雪しろ(ゆきしろ) 仲春

【子季語】
雪汁、雪濁り、雪しろ水
【関連季語】
雪解
【解説】
山などに積もった雪が解けて、川や、野原に水があふれること。雪濁りは、雪しろによって川や海が濁ること。ときとして大きな災害をもたらすことがある。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

*

雪汁のしの字に曲るかきねかな
一茶 「八番日記」

品川や海一面の雪にごり
新海非風 「新俳句」

雪代や国中によむ謡本
長谷川櫂 「古志」

コメントは受け付けていません。